2021年1月の振り返り

英語 会社の開発業務や 1on1 を英語でやっていて、英語で困ることは少なくなってきた。CRFR に準拠している EF SET や会社独自の英語テストなどの結果を踏まえると自分のレベルは B2 Upper Intermediate くらい。 文法とニュアンスに課題感を感じている。 文法 話しているときに文法の誤りや迷いがあり、それを矯正するためにまずは文法を一通りやりなおすことにした。今月はひとまず キク英文法 を1周学習した。 この本は会話で使える文法の 9 割くらいを網羅しているという評判は実感としても正しかった。下記の動画を参考にした。 英文法を「完璧」にする勉強法~キク英文法を使って TOEIC満点・英検1級・IELTS8.5 【1冊だけで】文法を完璧にする本【2ヶ月で文法攻略】 2月はこの本を何回か繰り返して、完璧に近づけていく。ネイティブからすると「フォーマル過ぎる」「文語的」と指摘もらった点もあったので、よりナチュラルな表現もキャッチアップする。 ニュアンス 英語独習法を読んで、学習方法を見直す必要があると思わされた。英語で業務できているが、文法的には合っていてもニュアンスが違うケースが多々ある。まずは通じるところを目指していたのでそれでもよかったが、より効率的に業務をするために改善が必要と感じている。 stand.fm を始めた https://stand.fm/channels/5fd41adcdd3aea937b5cebcf 妻と雑談しそれを stand.fm に垂れ流すのを始めてみた。週1回程度、そのときに考えていることを雑に話している。コロナが流行してからお互い一緒の空間にいる時間は増えたが、お互いのやっていることや、思っていることを話す機会が少ないと感じていた。意識的に機会をつくること、Public に公開することで適度な緊張感と継続性を保つことを目的としている。 音声メディアは専ら聴く専門だった。マイクや収録環境を整えたり、ガッツリ編集したりといったことが大変そうと感じていたからだ。しかし実際やってみるとそこまで大変ではなかった(話している時間が短いのと、内容・音質ともにそこまでこだわっているわけではないからかも)。現在は、iPhone の Voice Memos アプリで収録し、stand.fm にアップロードするという流れでやっている。 衣食住 冷蔵庫を新調し、容量が 3 倍ほどになった nosh を試した マットレスを 高反発マットレス「モットン」 に買い替えた 本・娯楽 1兆ドルコーチ――シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え 英語独習法 チェンソーマン (10巻で完結したと早とちりしていた。11巻を待っている) (Reading) HIGH OUTPUT MANAGEMENT...

January 31, 2021

Renovate と Cypress でパッケージ更新とリリースを完全自動化する

https://tanaka.world/ のパッケージ更新とリリースを自動化した。パッケージ更新時に CI のジョブが全て成功したら master に自動マージし、本番リリースされるようにしている。 例: リリース時のワークフロー Renovate (Package Update) Renovate GitHub App - Renovate からリポジトリを選択して設定する。 Cypress (E2E) Cypress 手動でやっていた動作確認を Cypress で自動化した。各ページごとにざっくりテストしている。(テストコード) Cypress のテストコードも TypeScript で記述する。Cypress の型定義ファイルを読み込むと、アプリケーション側の Jest の型定義と競合するため tsconfig.cypress.json を別途追加している。 GitHub Actions (CI/CD) Merge 前に実行する用と、リリース用の2つのワークフローがある。 before-merge.yml は、Lint, Unit Test, Build, E2E Test を実行し、release.yml はそれに加えて Deploy を実行する。両者の違いは実行の起点となる branch と Deploy の有無だけなので、YAML インポート的なことがやりたいが、公式にはそのような仕組みは存在しないようだ。冗長だが一旦同じ内容を記述している。 大枠の処理は次の通り。 lint-test-build ジョブで生成されたアプリケーションビルド対して、E2E テストを実行 対象ブラウザは最低限 chrome, firefox, edge、それぞれ並列で実行される テストに失敗したら、スクリーンショットと動画をアップロード (release.yml の場合) テスト済みのビルドをデプロイ test-e2e: needs: lint-test-build strategy: matrix: node-version: [ 14....

January 30, 2021

Hexo から Hugo に移行した

ブログツールを Hugo に引っ越しをした。(前回: Middleman から Hexo に引っ越した) モチベーション Hexo のジェネレート処理が重くなってきた ダークモード対応 多言語対応 (英語でも書くために) 飽きた 2.,3. は Hexo でできたかもしれないが、4.もあり別のツールを調べていた。Hugo でいい感じのテンプレートがあったのでそれにした。正直あまり考えずに即決した。 移行時に変更が必要だった箇所 本文の Markdown ファイルはほぼそのまま使用できたが、一部変更を加えた。 ディレクトリ構成 Markdown ファイルの移動 (source -> content/posts) 画像置き場と path の変更 Front Matter tags 要素のインデントを削除 slug を追加 Hexo では Markdown ファイル名の先頭に yyyy-MM-dd-<path名>.md というファイル名にすると path 名が実際の path になっていた Hugo ではデフォルトでファイル名の全て、または Front Matter の slug が path 名になる ファイル名から slug を自動挿入するようにした(雑な gist) ...

January 18, 2021

英語独習法を読んだ

Summary 日本語 <=> 英語を対応させて意味を移すことに意味がない(それでは上達しない) 英単語の意味を日本語に翻訳して、ただそれだけをインプットしても使えるようにはならない(文脈を誤って使ってしまうだけ) 例えば、「恥ずかしい」=「embarrassed」=「shy」という覚え方は NG. 本来性格のことをいう「shy」を I'm shy to find a hole in my sock などと使ってしまうことに繋がる 例:「瓶がぷかぷか浮かんだまま洞窟の中に入っていった」 🚫 NG: A bottle entered the cave slowly floating. (ただの直訳で違和感がある) ✅ OK: A bottle floated into the cave. 日本語 → 英語 と変換するのではなく、日本語 → 話の意図や背景を含めた理解に変換 → 適切な英語 を意識する そのために「スキーマ」の獲得が必要 違和感のない自然な英語を使うためには、外国語ネイティブの感覚を身に着ける必要がある 関連知識と一緒にインプットしていく 人間の情報処理は目的思考的で必要のない情報には目を向けない 視界には入っていても、見えてはいないということがあるように、英語を学習しようとするときにも同じことが起こっている Note 1. 認知の仕組みから学習方法を見直そう They looked, but didn’t see it....

January 15, 2021

2020年の振り返り

WFH になり、仕事や生活様式が劇的に変化した 1 年だった。変化に強いものが生き残るということを体感した。 メルペイ 入社してから約 2 年半経った。過去に正社員で働いた会社の中では最長となっている。振り返ると入社してから 2020 年に入るまではメルペイリリース前後のバタバタであまり余裕がなかった。今年はメンバーが増えたおかげでこれまでやりたかったけどできなかったことができるようになった。 1 月 英語ネイティブと一緒に仕事するようになった (業務で英語を使うときの準備と実践ログ) 2 月 〜 3 月 2 末からフルリモートワークが続いている。結局 2 回だけしかオフィスに出社していない。 2 月にも 1 人外国籍メンバーが増え、さらに Origami のメンバーもジョインしチームメンバーが一気に増えた オンボーディングやコンポーネントリニューアルを担当した 4 月 〜 7 月 マイナンバーポイントキャンペーンの開発に関わった 8 月 〜 現在 Engineering Division でリグレッションテストの自動化をしていくことになった 自分は Frontend 領域のオーナーとして取り組んだ (Cypress + TestRail による Frontend E2E テストの効率化について) 10 月からは Engineering Manager をやっている。完全にコードを書かなくなったわけではなく、50% マネジメント・50% プロダクト開発という割合でやっている Proff ECS/Fargate に移行した E2E テストを整備し、Renovate の更新を半自動でできるようにした その他、細かい改修をいくつかやった 衣食住 WFH が主となり家にいる時間が圧倒的に増えた 前半は Life From Home で書いた 散歩は継続している 9 月に引っ越しをして環境を整えた (2020 年買ってよかったもの) 禁酒と健康 禁酒 お腹に違和感があり、3 ヶ月間禁酒していた。お腹が鳴っている感覚が半月ほど続いており、念の為診察をした。エコー検査、レントゲン検査は異常なし、血液検査をしたところ膵臓に関わる数値が基準値をやや超えていた。「軽度の膵炎」という診断結果で、3 ヶ月お酒を控えて様子見となった。...

December 31, 2020