普段から活字をよく読んでいるが,今年はいつにも増して本の購入量が増加し,そして積読量も増加した.

本を買うモチベーションとルール

気になった本は秒でポチる

例えば Twitter のタイムラインとかでパッと目についただけでも出会った価値はある.
それとお金を投じたという事実によって,本を読まなければという状況を強制的につくることもできる.

電子版を優先して購入する

物理的な本は場所を取るので,基本的に全て処分した.読みたくなったら電子版を買い直せばよいと思っているし,紙の本を置いていても1年内に大半が読まれないだろう.

現在の読書環境は iPhoneXMax の Kindle アプリ.Kindle であれば場所・時間を選ばす読みたいときに読める.Kindle 版がなければ ePub 版を探す.ここ数ヶ月で知ったのだが,iBooks アプリの体験もかなりよい.Kindle よりサクサク動くのが何よりよい.

マンガはカラー版を買う

買い直すならちょっとお得感があった方がよい.
カラー版だと全ページがこんな感じで見ることができる.
kindle-color-onepiece.PNG

モノクロと違って情報量も多く読みやすい.大体がモノクロ版と100円くらいの差なので,カラーは高いからと懸念している人は一度試してみてほしい.

2018年 Kindle 購入リスト

おおよそ購入順.

まとめ

ブクマするかのごとく,Amazonの購入ボタンをクリックしていった結果がこれだ.
約半分が読破,半分が目次のみ・気になったところだけ読んだか,積読している.
なんだか罪悪感がある気もしたが,躊躇して購入しなければこの半分は読まなかったことになるので,結果的にはよかったと思っている.